« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

公演まもなく×ぼくはだれ

おはようございます。

九州では今なお余震が起こり、不安な日々を過ごされている方がたくさんいらっしゃいます。
役者の先輩たちで熊本出身の方も多くいますし、
早く多くの方に平穏な日々が戻ってくるよう祈るとともに、とにかく目の前にある舞台公演に向けて精一杯踏ん張りたいと思っています。

本日は稽古場での稽古が最後となり、
明日はいよいよ劇場入りです。
このキャストで最後の最後まで物作りに励みます。


Bokuhadare


RISU PRODUCE vol.18
ロクソドンタフェスティバル2009 グランプリ受賞作
「ぼくはだれ」~取調室での攻防~2016~

作・演出 松本 匠
@小劇場 B1
2016年4月20日(水)~4月29日(金)

強盗放火殺人事件の犯人の疑いがあるとして 警察署に任意同行を求められた被疑者と刑事達との11日間の攻防を描く・・・ RISU PRODUCEの代表作を新たなキャストで二年振りに再演決定。

「・・・世の中に僕みたいな人間がひとりぐらいいても、いいですよね?」


■CAST
いしだ壱成
是近 敦之
松本 勝
世良 優樹
横関 健悟
谷口 勇樹
松本 匠
渡辺 裕

■タイムテーブル
4/20(水)19時
4/21(木)19時
4/22(金)19時
4/23(土)14時/19時
4/24(日)15時
4/25(月)休演日
4/26(火)14時/19時
4/27(水)14時/19時
4/28(木)19時
4/29(金・祝)13時/17時

■チケット料金
全席指定席 前売り・当日共に 4,500円
【チケット取り扱い】
■ローソンチケット 0570-084-003【Lコード:32007】  0570-000-407(10:00~20:00)
■CoRich チケット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絶賛稽古中×横関健悟

こんばんは、横関健悟です。


神田川の川沿いは多くの花見客で賑わっていましたshine
僕たちは稽古場で来たる4月20日初日の為に毎日頑張っています。

どうしても本番が近付くと宣伝も多くなってしまうのですが、
それだけ観に来ていただきたい作品に仕上がってきていると思っていただければ幸いです。


横関チケット購入ページ

RISU PRODUCE vol.18
ロクソドンタフェスティバル2009 グランプリ受賞作

「ぼくはだれ」~取調室での攻防~2016~

作・演出 松本 匠

Bokudareomote_2
@小劇場
B1
2016420日(水)~429日(金)

強盗放火殺人事件の犯人の疑いがあるとして
警察署に任意同行を求められた被疑者と刑事達との11日間の攻防を描く・・・
RISU PRODUCEの代表作を新たなキャストで二年振りに再演決定。


「・・・世の中に僕みたいな人間がひとりぐらいいても、いいですよね?」



■CAST

いしだ壱成


是近
 敦之
松本 
世良 優樹

横関
 健悟
谷口 勇樹
松本 

渡辺
 裕之


■タイムテーブル

4/20(水)19
4/21(木)19
4/22(金)19
4/23(土)14/19
4/24(日)15
4/25(月)休演日
4/26(火)14/19
4/27(水)14/19
4/28(木)19
4/29(金・祝)13/17
 

■チケット料金
全席指定席
前売り・当日共に 4,500

【チケット取り扱い】
■ローソンチケット 
0570-084-003Lコード:32007

          0570-000-407(10:0020:00)
CoRich チケット 
PC https://ticket.corich.jp/apply/72110/
携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/72110/
横関チケット
JStage Navi  03-5912-0840(平日11時〜18時)http://j-stage-i.jp/
RISU PRODUCE  risuproduceyahoo.co.jp

※受付は開演の45分前。開場は開演の30分前。
※未就学児のお子様のご入場はお断り致します。
※開演時間を過ぎてからのご来場は、
ご指定のお席にご案内できないことがございますのでご了承ください。

■STAFF

作・演出:松本 
舞台監督:玉城 忠幸
舞台美術:加藤 ちか
音響:平田 忠範〔GENG27
照明:青木 大輔

宣伝美術:
Brown:Design
収録/技術協力:HYU Kreate
舞台写真撮影:西岡 伸明

制作協力:
JStage Navi
企画:製作 RISU PRODUCE  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »