« 大掃除×大仕事 | トップページ | 帰省×珍道中 »

策士×策に溺れる

始発電車。

隣に座ったおじさんの鼾が破壊的にうるさかったので、策士は考えた。


面と向かって文句は言えない。
相手はおじさんだ。
そして何より気持ちよさそうに寝ている。


ただ、
鼾がうるさいだけだ。


彼も忘年会ではしゃぎすぎて始発になったのかもしれない。
もしかしたら、終わらない仕事を終わらす為に朝まで会社にいたのかもしれない。


策士は考えた。


寝たフリして、おじ様にもたれ掛かりちょっとモゾモゾして起こそう。

目を瞑り、おじ様にもたれ掛かる。
モゾモゾ


………モゾモゾ

…ハッΣ(´□`;)
気づいたら策士、寝てた。


隣のおじさん、居なくなってた。
さて
折り返し、最寄り駅に方面登り列車に乗り込むとしますか…。

|

« 大掃除×大仕事 | トップページ | 帰省×珍道中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551459/53587186

この記事へのトラックバック一覧です: 策士×策に溺れる:

« 大掃除×大仕事 | トップページ | 帰省×珍道中 »