オジサン×オジサン

負けられない戦いに巻き込まれる。



帰宅。



最寄り駅に到着。



家にたどり着くまでには何パターンかルートがある。

早く帰って晩酌でもしながら溜まっている動画を見るんだと少し早足で…。


すると別ルートから飛び出してきた同じく少し早足なおじさんがピッタリと僕の横に並走する形になる。

こんな偶然あるのでしょうか?

お互いに早足だから気持ち悪い感じに並走になったので、やり過ごそうかと思ったけど、僕よりもう少しだけおじさんぽかったので、僕が先に行けばいいかと思って、少しだけギアを入れて早足でそのおじさんをまこうとしました。


すると、そのおじさんも少しピッチをあげて、ピッタリと横についてくる。


あれ?


これもしかして、僕のこと意識してる?このおじさん。。。



いやずっと横に並んでるの気持ち悪いじゃないですか!?


なのでもう少しだけギアを入れる。

ただでさえ早足のところをギア入れてるのでもうね、競歩ですわ。

これはもう。普通の早足のレベルではないくらいになってます。


さすがについてこないだろと思ったら、おじさんもガッツリペースあげてきた。。。

めっちゃ前かがみ笑


嘘でしょ!?




自信が確信に変わった瞬間でした。

このおじさん…僕に対して対決挑んでる。


この時点で、晩酌を急ぐおじさんからアスリートへと変わります。



負けられない戦いに巻き込まれる。



絶対に…負けねぇ。負けねぇからなっ!



加速する横関、

もうありえないくらいの競歩です。

走るのは違うので。あくまで徒歩対決なので。

ジョギングくらいの早足ですけど。



本気を出した結果、おじさんとの距離はぐんぐん開く。

その間、おじさんも必死の形相で食らいつこうとするも、数回振り返ったときにおじさんが諦めてめっちゃペースダウンしたのが見えました。

この瞬間、戦いは終わりました。


ちょうど自宅マンション前。

遥か後方でゆったり歩いているおじさんを見て僕はなぜか「ははっ笑」と思わず声を出して笑っていた。


…我ながら気持ち悪いなぁと思いました。


| | コメント (0)

復活×宣伝

お久しぶりです。

横関です。


久しぶりすぎて何書きましょ?

舞台の告知?

とか思いましたが、もうかれこれ二年くらい書いてないのにいきなり告知ってね?笑



なので相変わらずのんびり書いていくこととします。


一週間に一度か二週間に一度くらいの頻度で。

舞台稽古も始まるし、そのあたりも書いていこーっと。


このブログ更新しない間に色々と身の回りでもありましたね。

ありすぎましたね。

最近のテーマはこの中年になってきた自分を受け入れるのか抗うのか、というのがもっぱらのテーマになってきております。

受け入れつつ、少しずつシフトチェンジをはかっております。

次の舞台、お楽しみに。

久しぶりに実年齢くらいを演じるわけで。



結局なんだかんだ宣伝になってもうたなぁ…。



| | コメント (0)

白杖×座席

こんなことがあった。


朝、電車に乗って現場まで移動していた時の事。


僕は座席に座っていました。

電車が停車しワラワラと乗客が乗り込んでくる。
すると白杖をついた男性が僕の座っている席の斜め前くらいにポジションを取った。

あまり迷うことなく僕はその男性に声をかけた。


「(自分が座っていた席を譲ろうと) お席座ってくださ…」


「いえ、次の駅で降りるので大丈夫です」

かぶせ気味にこう言われた。


もう立っちゃったし…
良かれと思って声かけたんだが、ちょっと迷惑かけたな。やってもうたな…。
結構タイミング逃すと声かけられなくなったりするし、かなりベストなタイミングだったと思ったのですが…。

そのまま僕も次の駅で降車する予定だったので降車扉のほうに向かった。
一駅分わずか数分でしたが一人分誰も座らずの座席がちょっと気まずかった。

でもまぁ声かけずに「座らずにあの男性は大丈夫だっただろうか?」とやきもきするよりは
声かけて座らない方が彼にとって良かったのだとわかったのだから良しとすることにする。


妊婦さんやご老人の方に声をかけるときもいろいろと考える。
立っていた方が楽な姿勢で座るのがきついこともあるし、老人扱いするな!と傷つけてしまうこともあるかもしれない。

でもまぁ声かけないよりはいいんじゃないかなぁとぼんやり思うのである。

| | コメント (0)

前厄×駆け抜ける

久しぶりに書いてみる。


ご無沙汰しております。横関健悟です。


突然ですが…

前厄きてます。



今のところ、身体に少しだけガタはきてますが、厄年っぽい嫌なことには巻き込まれておりません。いや、色々あるか、やはり。


突然きますね、ガタは。恐らく。


自分が『若い頃はさ』とか『膝が痛ぇなぁ』とかいう年齢になるとは思っていませんでした。

まだまだ気持ちだけは若いのですが、鏡にうつる自分自身はやはりいい感じの年齢になってきております。

僕が若い頃に思い描いたおじさん像に近いです。

僕より歳上でまだまだ若く見える方もいるし、歳下でも歳上に見える役をやられる方もいます。

人それぞれ。


某先輩がね、先日、50歳の誕生日を迎えられたのですがね。

『この10年間の過ごし方で次(60代)の10年間が決まる、と先輩方から聞いた』と。 


これは40歳にも言えるんではないかなぁと思いました。


こないだテレビドラマ「コントが始まる」で真壁先生が言ってましたね。

「18から28までの10年と、これからの10年は別次元の苦しみだぞ」とありましたね。

今期ハマっているドラマなんですが。


こういうセリフ…ささりますね。


28から38まで走ってみて感じることは…

まぁゆっくりだけど、走りきれたなってことですね。

辛いことや苦しみはいっぱいあったけども。

走って良かったと思うし、応援してくださるみんながいるから頑張れたんだなぁって思います。


ともあれ、さらにここから10年も走ってみるし、どんな答えになるかは走ったものだけがわかると言いますか。

楽しみに、今日も全力で走ってみます。




| | コメント (0)

20周年記念公演第三弾×???

ゼロ番区公演中…一度もブログを書いていなかったのですね…。


今日は20周年を迎えました、自身が所属するユニット『RISU PRODUCE』について少し触れたいと思いました。


RISU PRODUCE
皆様からは愛情をもって「リスプロ」と呼ばれていたりします。

RISU PRODUCEのHPによるとリスプロとは…
1999年演劇ユニットとして活動を開始。主宰の松本 匠が全作品の作・演出を担当。
旗揚げ公演は拘置所を舞台にした「ギャグの穴」を東中野のエウロスと言う小さな劇場で
上演。翌年から下北沢の小劇場での公演が続く。2009年には第十九回下北沢演劇祭に参加。
地方での公演も多く、シアター・ドラマシティ、サンケイホールブリーゼ等、大劇場での公演も行なっている。
舞台「ぼくはだれ」「しがらみの向こうに」の二作品は出演者を替えながら、頻繁に再演を行なう。
また大学の応援団を題材にした「イキザマ3」については、今後も継続的に公演を行ない、
若手の役者さんの登竜門的な作品に育てたいとも考えている。


となっております。
なので2019年でちょうど20周年にあたるわけで、昨年の12月公演「イキザマ3」を行い、
第二弾として「ゼロ番区」。

そして第三弾は新作書下ろし。

12月の東京芸術劇場 シアターウエスト
2019年12月25日(水)〜29日(日)

ということでリスプロらしい公演にすべく今動いている次第です。


僕自身がリスプロに携わったのは、2008年の「しがらみの向こうに」と「ギャグの穴〜2008」の同時公演の時でした。

「ギャグの穴〜2008」ではリスさん(主宰:松本匠)のアンダースタディとお手伝い。
「しがらみの向こうに」では出演とリスさんのアンダースタディ。

そこに皆さんご存じかわかりませんが、リスプロ名物「肉練」という地獄の…当時は本当に意味がわからなかったですが
ひたすら苛め抜かれて、もやしっこだった僕は稽古場では嘔吐、痙攣、発狂、嗚咽、号泣とetc…すべての感情をぶつけて、さらけ出して、
何やらよくわらない状態になりながらもとにかく食らいついていったのは今では良い思い出です。

僕にとっては11年目になるわけですが、当時の共演者の皆様にお会いすると背筋が伸びる思いですね。
可愛がっていただいていると思います。
2019のイキザマ3では重松隆志さんがOBの応援団長でありまして、わたくしは現役応援団長というポジションだったのですが
関係性においては上記の思い出を思い出すだけで役作りは不要であったと感じています笑




話がそれました。


さて
今回20周年第三弾は一年半振りの新作書下ろしです。
第一弾、第二弾と「大学応援団」と「死刑囚」と、まったくテイストの異なる作品を上演しました。
じゃあ第三弾は?


と期待が高まってきているかとは思いますが
もうしばらく情報解禁までお待ちください。

YOUTUBEやHPで少し歴史を追っていくと面白かったです。
この方に御出演いただいてたんだなぁとか、こんな作品もあったなぁとか。

https://www.youtube.com/channel/UC79d56ENfdcbod73xdVu2GQ

 

第三弾。

ゆっくりと丁寧に焦らず進めております。
お客様の心に少しでも「何か」が届く作品創りを目指して。

明日はリスプロメンバーでフライヤーの写真撮影に行ってまいります。

| | コメント (0)

ラーメン×ダイエット

寒い冬のほうが痩せやすいんですって。


さて、僕がメンバーとして活動するリスプロという団体は
舞台稽古が始まると、取調室でほぼ動きのない舞台だろうが、応援団だろうが
そんなことは関係なく、
トレーニングで汗を流してから稽古がスタートします。
なので稽古期間も終盤に差し掛かってくると、ぜい肉もほんの少し落ちてスリムボディを手に入れることができます。


イキザマ3が終わって2か月余。。。

最近、膝を痛めてから全く走れず・・・

運動量をはるかに上回る食事量につき
ベルトの上にのったお肉が「我々の居場所はここだ!」と言わんばかりに完全に安住し始めております。


物事を単純に考えると運動をたくさんして、健康的な食生活を心がければ少しずつ痩せていくでしょう。

しかしわたくし、運動するのは基本的に好きではないですし、
前述のように膝を痛めており走ることすらできません。

なので、まずは食事量を減らそうと思ったんですが…
急にやろうとすると無理してしまって身体壊す恐れがあるので、

とりあえず…

…久我山にラーメン食べにいきました。


うん。おいっしい♪
つまみもいただき、ビールもいただき。

そのあと、場所を移しての飲みもあり、別の居酒屋で閉店まで飲み食いいたしました。
暴飲暴食の限りを尽くす。


こうすることによって、もうあれだけ楽しい思いをしたんだから少しは頑張れるでしょ?
と自分に言い聞かすことができるわけです。
結果、過酷なダイエットであろうとも頑張れるわけです。


そんな事を、
一仕事終えた喜びを肴にビールを飲みながら考えております。


…寒い冬ですが…痩せる予感が全くしません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年×スタート

遅ればせながら…

あけましておめでとうございます。

風邪ひいて倒れておりましたが、ようやく復帰しました。
口内炎はいまだ治らず…まだ痛いです。

話を戻しまして…

2018年
4月…じぶんさがし
12月…イキザマ3

とRISU PRODUCEは二本の公演を行いました。

じぶんさがし
Harada


イキザマ3
Hasegawa_2





そして
2019年は
RISU PRODUCE vol.22 20周年記念公演 第二弾
作・演出 松本 匠
2019年4月24日(水)〜29日(月・祝)
赤坂RED/THEATER


ということで
詳細はもうしばらくお待ちください。


さて2019年は昨年と同じく無印良品の手帳にしました。
Schedule_planner

このスケジュール帳がどんどん汚れていくというかね
一杯の文字(スケジュール)で埋まっていきますように。

頑張ります。


本年もよろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

公演終了×イキザマ3

終演してゆったりと思い返しています。


1800名以上のお客様にご来場いただき、無事にイキザマ3を閉幕いたしました。
好みはあったかと思いますが
貴重なお時間割いていただき、ご来場いただいたすべてのお客様に感謝。

稽古開始時にはもう戻りたくない
本当に体力的にもきつかったです。
またあれをやらないといけないと思うと
三多摩大学応援団団長として燃え尽きた一か月でした。

さて
今回はオープニングの演舞をおこなう素舞台から、大転換で団室へと変化するのですが
裏側はこんな感じになっていました。

Back_5
大きなパネルを一気に引っ張ってきます。
裏では3年後の2年生団員の二人が初舞台にもかかわらずこの大きなセットを動かしてくれました。
感謝。
普通は初舞台でこんな大きなセットを動かすことはありません

楽屋
Back2
赤(石原壮馬)と青(岩田華怜)の暖簾が綺麗ですね♪

Back4

僕ら他団員は大部屋。
でも二人も個室じゃ寂しいらしく、基本はこちらの部屋に集合してました

そして幹部の二人も楽屋ではリラックス。
Back3

彼らがいたからやってこれたのも事実。
感謝。


しばらくは喉のケアを進めながら、傷めた身体のメンテナンスもしつつ
次の準備に入りたいと思います。
ありがとうございました。

Ikizama4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公演情報×イキザマ3

チケット予約はこちら←10月15日より


RISU PRODUCE vol.21 20周年記念公演 第一弾

Ikizama3omote_01_2


作・演出 松本 匠


RISU PRODUCEの代表作「イキザマ3」が石原壮馬と岩田華怜のW主演で二年振りの再演!!


@東京芸術劇場 シアターウエスト
 2018125日(水)〜129日(日)


押忍の精神の下、決して見返りを求めず、
青春の全てを仲間と共に「団」に捧げる応援団員達の青春群像劇。


【ストーリー】
三多摩大学に入学した野瀬と宮本は、新入生歓迎会の際、
応援団員の熱意に溢れる演舞と、そしてある「言葉」が心に響き応援団に入団
する事を決意する。同輩の岩田と共に厳しい練習に耐え抜く一年生団員達。
実は野瀬には今まで誰にも話す事が出来なかったある事実があり、
そして岩田にも団員達には知られてはいけない衝撃の事実が・・・


【CAST】
石原 壮馬
岩田 華怜

松本 匠
横関 健悟
谷口 勇樹

吉川 柳太
朝枝 知紘
中尾 太一
千葉 一磨
鈴木 健斗
永吉 悠人

植杉 将也
東 景一朗
青木 涼

重松 隆志



【タイムテーブル】
12/5(水)19
12/6(木)19
12/7(金)14/19
12/8(土)14/19
12/9(日)14


受付は開演の45分前。開場は開演の30分前。
未就学児のご入場はご遠慮頂いております。
開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内できないことがありますのでご了承ください。

東京芸術劇場 シアターウエスト
171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1 TEL 03-5391-2111



【チケット】
全席指定席
一般  5,000円(前売り/当日共)
U22  3,500円(前売り/当日共)ご入場時に身分証のご提示をお願いいたします。
初日/平日マチネ割  500円割引
U22のチケットはCoRichチケット、RISU PRODUCEのみの取扱いになります)


先行予約
2018105日(金)AM10時〜108日(月)PM8時まで
ご希望の公演日時,枚数、お名前、年齢、ご連絡先をお知らせ下さい。
折り返しご連絡を差し上げます。
ご予約はこちらrisuproduce@yahoo.co.jp
RISU PRODUCEのみの取扱い)

前売り発売日 20181015日(月)AM10時〜
【チケット取り扱い】
ローソンチケット
0570-084-003Lコード:33931
0570-000-407(10:0020:00)
http://l-tike.com/


店頭販売Loppi24時間販売/ローソン・ミニストップ)

■CoRich チケット
横関専用予約フォーム

http://ticket.corich.jp/apply/93736/001/


RISU PRODUCE risuproduceyahoo.co.jp


【協賛】
全日本書写書道教育連盟



【お問い合わせ】
RISU PRODUCE  042-364-4881
Nana Produce 090-7209-4089 (平日10001600)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

公演情報解禁×イキザマ3

ご無沙汰しております。

親不知抜歯恐怖否院長安心

以来の更新ですね。
抜いた親知らずが根っこも握りこぶしみたいな形していて
相当大きかったらしく抜歯して一週間経ちましたがまだ痛いです。


さて
12月池袋芸術劇場 シアターウエストにて公演予定のイキザマ3の情報が解禁となりました。

チケット販売まではまだひと月ありますし、本番までは3か月ありますので
スケジュールも組みやすいのではないでしょうか?

ちょっとずつ動きだしてますので
更新もマメにしていければと思っています。
まずは詳細です。

RISU PRODUCE vol.21
20周年記念公演 第一弾

『イキザマ3』

作・演出 松本 匠

“これからの四年間、我々応援団と、そして三多摩大学の仲間と共に、

正直に、ありのままで、生きて、生きて、生きまくろうではないか!”

RISU PRODUCEの代表作「イキザマ3」が石原壮馬と岩田華怜の
W主演で二年振りの再演!!

東京芸術劇場 シアターウエスト
2018年12月5日(水)〜12月9日(日)

押忍の精神の下、決して見返りを求めず、
青春の全てを仲間と共に「団」に捧げる応援団員達の青春群像劇。

【ストーリー】
三多摩大学に入学した野瀬と宮本は、新入生歓迎会の際、
応援団員の熱意に溢れる演舞と、そしてある「言葉」が心に響き応援団に入団
する事を決意する。同輩の岩田と共に厳しい練習に耐え抜く一年生団員達。
実は野瀬には今まで誰にも話す事が出来なかったある事実があり、
そして岩田にも団員達には知られてはいけない衝撃の事実が・・・

CAST
石原 壮馬
岩田 華怜

松本 匠
横関 健悟
谷口 勇樹

吉川 柳太
朝枝 知紘
中尾 太一
千葉 一磨
鈴木 健斗
永吉 悠人

植杉 将也
東 景一郎
青木 涼

重松 隆志

【タイムテーブル】
12/5(水)19時 
12/6(木)19時
12/7(金)14時/19時
12/8(土)14時/19時
12/9(日)14時

※受付は開演の45分前。開場は開演の30分前。
※未就学児のご入場はご遠慮頂いております。
※開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内できないことがありますのでご了承ください。

東京芸術劇場 シアターウエスト
171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1 TEL 03-5391-2111

【チケット】
全席指定席
一般  5.000円(前売り/当日共)
U22  3,500円(前売り/当日共)※ご入場時に身分証のご提示をお願いいたします。
初日/平日マチネ割  500円割引
※U22のチケットはCoRichチケット、RISU PRODUCEのみの取扱いになります)

■先行予約
2018年10月5日(金)AM10時〜10月7日(日)PM8時まで
ご希望の公演日時,枚数、お名前、年齢、ご連絡先をお知らせ下さい。
折り返しご連絡を差し上げます。
ご予約はこちら→risuproduce@yahoo.co.jp
(RISU PRODUCEのみの取扱い)

詳しくはリスプロHPをご覧下さい。
http://risuproduce.s2.bindsite.jp/index.html

■前売り発売日 2018年10月8日(月)AM10時〜
【チケット取り扱い】
■ローソンチケット
0570-084-003(Lコード:33931)
0570-000-407(10:00~20:00)

店頭販売Loppi(24時間販売/ローソン・ミニストップ)

■CoRich チケット
PC用
https://ticket.corich.jp/apply/93736/
携帯用
http://ticket.corich.jp/apply/93736/

■RISU PRODUCE risuproduce@yahoo.co.jp

【協賛】
全日本書写書道教育連盟

【お問い合わせ】
RISU PRODUCE  042-364-4881
Nana Produce 090-7209-4089 (平日10:00〜16:00)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«親不知×その後